株式会社インテンツは、地域の食生活を支える大切な『想い』を私達はお届けします
『はせがわ』お客様係


【担当エリア】 神戸エリア
【血液型】 B型
【出身地】 鳥取県倉吉市
【趣味・特技】 サッカー、バスケ、スポーツ全般

最初にはせがわさんのお仕事内容を教えて下さい。

車を使った仕事なのですが、あくまで配送は手段で、僕自身は接客がメインだと考えてます。
お届け先のお家の方と対面して接客する、品物をお渡しする際に少しお話もするというイメージでいます。
個人的に人と接することは好きなんですが、ご注文された方の家事のお手伝いをしているような、お家の人の“ちかしい”存在になれたらいいです。
よろしければいつでも助けになりますよという…、そんな立ち位置になりたいですね。

今どんな業務を担当されてます?

入社してから、もう少しで半年になるのですが、
2店舗の宅配を担当しながら、新しく入った方の研修もさせていただいてます。
これまでに、二名ほど研修で指導させていただきました。

はせがわさんは20代前半ですが、もっと若い人に入って来て欲しいですね。

僕は、運転の切り口で検索してこの仕事を見つけました。
でもそれだけではなかなか若い人には届かないと思います。
一般のお宅に宅配する仕事であるとか、接客ができるとか、そういう部分がポイントになったんですが、
運転が好きで、毎日色んな景色が見れる・色んな人と出会える…、これが大きかったです。
毎日同じより、カラフルなほうがワクワクしますし、自然とやる気がでる仕事だと思います。

この仕事や業界のこれからの可能性についてはどう思ってます?

今、本山店というお店を担当してますが、ネットスーパーの注文がほぼ毎回『満便』になるんです。
これはこのサービスが必要とされているということだと思いますし、もっとキャパを上げて欲しい…というご要望もお聞きします。
もっとご利用いただける方も増えて、エリアも拡大していけば、もっともっと僕たちが輝ける場は増えていくと思います。
もっとできることはある…という確信は、まだ半年ですが感じてます。
そのためのシステムも、ネットの注文ももっとシンプルにお買物しやすくなるといいですね。
例えばですけど、スマホで注文する時にも店内を上から見ながらお買物ができるとか、アプリを使って配送をもっとスムーズにしたりとか…、
もっと技術を取り入れながらやっていける仕事だと思ってます。

参考までに一日の仕事の流れを教えて下さい。

早い時は10時半に出勤して、まず車を取りに行きます。
『来店宅配(お客様が店舗がお買物をして商品をお宅までお届けするサービス)』が入っていれば、先に対応するようにします。
ネットスーパーの宅配が始まる前に状況を見ながら先に配達したり、ネットスーパーの配達に混ぜたほうが良ければ組み合わせて動きます。
『来店宅配』の場合は早くお届けすると喜ばれることが多いです。
少し早くて大丈夫でしたか?と伺うと、全然いいよ!と言われます。
ご好評いただいてますので、できるだけ続けていこうと思っています。

そして、来店宅配が程よく落ち着けば、その日割り当てられた人数でお届けする商品を分担し、配達していきます。
その時に梱包が間に合ってない場合は、梱包業務のフォローに入ります。

最終便が終わって、資材の片付けをして、車を戻して、7時半には完了するようにしてます。
先輩から、毎日仕事がより良く廻るようにアドバイスもらったり、助け合いをしながらやってます。

これからトライしてみたいことはあります?

お客様から、ネットスーパーで自分が注文したい時間の便がいつも埋まってるとか、あとは見やすさについても言われます。
年配の方が、「娘に教えてもらって、iPadで注文できるようになったのよ!」といってくださったことがあるのですが、もっと幅広い層の方が使いやすくなるといいですね。
エレベータで偶然お会いした方に、ネットスーパーってご存知ですか?ってお聞きしたら、「知らない」と言われました。
是非使ってみてください、と言っても難しいこともあると思いますので、例えばお店でネットスーパーの講座があったりすると嬉しいです。

あと、最近思うのですが、配達が終わった時に、お客様に何か一つ残したいんです。
それは、ネットスーパーの使い方を書いたチラシでもいいのかもしれませんし、バレンタインデーやお誕生日にちょっとしたものを差し上げるとか、何かできないかなと…考えてます。

最後に、新しく入ってくるスタッフに対してメッセージがあれば。

僕は同世代の20代にもっと入ってきて欲しいですね。
自分に近い20代前半が増えるといいなという個人的な思いと、あと、若い人のほうがスマホやデジタルに慣れてると思いますので。
仕事量はこれからもっと増やせると思いますし、まだまだ伸びる仕事だと思います。
必要としてくださる主婦の方はもっといらっしゃるはずです。