株式会社インテンツは、地域の食生活を支える大切な『想い』を私達はお届けします
『こぞの』お客様係

【担当】 お客様係トレーナー
【担当エリア】 神戸市全般
【血液型】 A型
【出身地】 兵庫県神戸市
【趣味・特技】 磯釣り
【好きな食べ物】 焼き魚

出身地などご自身のことから教えてください。

出身地は神戸です。ちっちゃい頃からずっと。
野球ばっかりしてた少年時代を過ごして高校は甲子園常連?の神戸国際大付へ。
最初は野球部に入ったんですけどいきなり挫折しましてその後はスカウトされてゴルフ部です。
結局高校では3年間ゴルフ部でずっとキャプテンをやってました。

卒業したあとはオーストラリアへゴルフ留学にいきまして、それはプロを目指して2年間です。
プロにはトーナメントプレーヤーとレッスンプロの2つがあるんですが最初はトーナメントプレーヤーで頑張ろうと。

そのあと帰国しましてゴルフ場でキャディをしながらプロを目指す研修生の生活が始まります。
キャディをしたあとはひたすら夜まで練習という。
研修生は他にもいっぱいいますんで皆ライバルなんですけど自分との戦いのほうが強いですかね。
メンタル面はそこで鍛えられました。

その後プロになれたんですか?

プロテストが年にいっぺんあるんですが僕らの時は5回の予選を乗り越えないといけないんですね。
そのハードルを超えないとプロになれないんですが、テストの最中に結婚と子供のことがありましてトーナメントプレーヤーは生活のことを考えて…、レッスンプロの資格を取りました。
そしてレッスンをしながら生活費を稼いでいくんですけど、それだけではなかなか…、
続けられるのか?という家族のアドバイスもありまして、仕事を探し始めて見つけたのがインテンツだったんです。

なぜインテンツを選びました?

もともと車の運転は好きなので。
仕事を探している時に配送もいいなと。まずはどんなところか受けてみようと。
最初は普通に配送なので配達がメインだと思い込んでたんですけど、
まず接客!って言われて。そこが面白かったですね〜。
前職のレッスンプロの仕事が接客業だったので。接客好きですねー。めちゃめちゃ好きですね〜。
それでインテンツを。

仕事の楽しさを覚えたのはいつどんな時ですか?

最初は先輩の横について研修受けているときですね。
配送して『はいどうぞ!』だけかと思ってましたけど、すごかったですね。接客に重きを置いているところが。
こんな接客するの!?ていう…、ホテルのコンシェルジュのような『丁寧』『親切』、お客様に絶対に不快な思いをさせないんですよ。

その次が研修期間をクリアして一人で配送に出たときですね。
先輩がそれまで担当していたお宅にお邪魔することになったんですけど、お客様が先輩のファンだった方なんですね。
そのお客様のお宅に行ったときに『いつもの人じゃない!』と戸をバタン!と閉められたんです(笑)。
そこからはもう行くたびに笑顔で、なんとか先輩に負けんように。
心を開いてくださるようになるまでは結構時間かかりましたけど、そこに楽しさを見出しましたね。
なんとかしてやろうという負けん気みたいな。超えられないまでもなんとか同じくらいまでには持っていきたいなという考えはずっとありました。

同僚とのコミュニケーションはどうでしたか?

最初はちょっとついていけないんじゃないかな?と思うこともあったんです。
入社したばかりの頃にあることで落ち込んでいたんですけど励ましの言葉をずっと言われまして、
なんていい人たちなんだと。その時この人たちにはついていきたいなと。

あとは入社した初日からすごいやさしい方ばかりでフォローをすごくしてくれたんです。
全ての従業員の人が逐一全てをきちっとアドバイスしてもらえたことが大きくて。
不安に感じることが少ないというか…全くなかった。
先輩にも思い切ってやれ!とミスはみんなでカバーしてくれると。
それはもう他の誰に対しても、うちのグループに入ってるくる人は不安はないと思います。

先輩の意思を引き継いでまずはがんばってやってくれと。ミスはカバーすると。
なんせ一生懸命やってくれる人にはとにかく続けてほしいので。
チームの雰囲気はいいですし働きやすいですよ本当に。

とはいえ体力面や気遣いや大変な部分もあると思いますがどうやってクリアしてます?

確かにこのお店は物量も多いので、体のケアとか体力面は大変ですし人数もたくさんいるのでそれをまとめるのも。
コミュニケーションに関しては、まずDSS(配達支援アプリ)で割り当てられた配達チケットの状態をみて担当ごと分担してほぼほぼシステム通りにやれてます。
Talknote(社内SNS)もグループ内の協力体制が強いので何かあったら連絡があがってきてお互い常に状況を見ています。

DSSで全体の状況は分かるので数字みてマズそうだなと思ったら声が上る前に誰かがフォローに入って…っていう状態です。
ただ事前の準備は出発前にある程度想定して出かけてるんですよね。よっぽどのことがない限りは。
あとは単独店舗も仕事の合間に会いに行ったりもします。特に新人さんには寂しい思いをさせないように。

環境づくりは心がけてます。新人さんが入ったら全員でサポートするとか、チームづくりの原点に野球やゴルフなどスポーツで培ったものが生かされてるのかもしれません。

町を隅々まで走ったり歩いたりする仕事だと思いますがそのへんはどうですか?

神戸エリア全般ですけど本山を中心に生活レベルは高い人が多いと思います。下手な接客はできないですよね。
でも気も使っていただいているのかとてもやりやすいです。
町並みはやっぱり山手ですごいきれいなところがあります。海もきれいに見えますし普段から行き来するところで好きな場所ですね。

ほんとにもうこの仕事が好きすぎて。これが趣味になっちゃって。
こんなにも向いてる仕事があるんだと。ほんとに天職だと思いました。
好きなことをしながらお金がもらえているという、それがすごい幸せだと思います。

なのでトレーナーという話をもらったときには、これはチャンスが巡ってきたと。
「ぜひとも!」ということで、「僕でやらせてください!」と即答しました。
トレーナーになるための準備としては、まずやっぱり会社のことを勉強しましたね。
知らないことが多々あったので、クレドを読み込んだり休憩中にTeachme(マニュアル共有アプリ)を見たりして、わからないところは管理者さんに聞いたりして。

今後の目標と外の人に向けてメッセージを。

そりゃもう上にあがっていけるように、がんばる!のが自分の(目標)。
もっと強いチームを作ることと、店舗様・流通様との関係性には重点を置いていきたいですね。
この本山とかはすごい良いので、他の店舗もやっぱりまだ壁があったりするところもあるので、まずは自分のグループ全店舗の環境を良くしていきたいです。
新人さんにはとにかくくらいついてこいと。その先にほんとに夢があるからと思えるからそれは言えます。

この会社は夢がありますよ!それは僕ずっと思ってるんです
ぜひ挑戦してほしいです。勝ち取ればほんとに夢がある会社なので。
もう全てに対して夢がある。この会社はすごい夢があると思うんですよ。
このアプリにしたって今まで紙ベースでやってたことがこれだけ分かりやすいものになるのか!とか。
全てにおいて夢がありますよ。
僕も収入がお陰様で増えたので、いつかは家を買おうと相方と計画してます。