株式会社インテンツは、地域の食生活を支える大切な『想い』を私達はお届けします
『まがりぶち』お客様係

【担当】 エリア管理者
【担当エリア】 神奈川エリア
【血液型】 O型
【出身地】 川崎市
【趣味・特技】 ドライブ

今のお仕事内容を教えて下さい。

一言で言えば、接客業ですね。
スーパーにお買物に行けば、直接お店の方とのやりとりがあると思いますが、私たちはそこから更に一歩踏み込んだ接客業と考えてます。
お客様の玄関先まで伺う接客ですので、意識としては、それぞれのスーパー様の代表という姿勢で望んでいます。

お仕事をする上で意識されてることはありますか?

お客様にあわせて接客や会話の距離感を変えることです。
お客様によって求めるサービスが違いますので、こちらがいくら丁寧に接しようとしても、とにかく早く商品を受け取りたいという方もいらっしゃいます。
そういう場合は極力、素早く手際よくお渡しすることを心がけています。
一方で、リピーターのお客様ですと、会話を求められてる方もいらっしゃいます。
「寒くなってきましたね」とか、「熱い日がつづきますね」とか、前回行った時に具合悪そうでしたら「お加減どうですか?」とお声をかけしたり。
お客様が親しい会話を求められている場合は、こちらが堅苦しい態度だと距離を感じさせてしまいます。
そういう場合は気楽な感じで話しかけたほうが良いと考えてます。

その辺の見極めが大事ですね。

基本的に、地域のお客様の場合は、「こんにちは●●ネットスーパーです!」というお声がけから始まって、扉を開けてくださいますが、その時に大部分判断するようにしています。
お客様の仕草だったり、言葉にするのは難しいんですけど、感覚的なものですね。
要件のみで済ませたい方は「空気」を感じますし、そのようなお客様へは最低限の受け渡しで、「また宜しくお願いします」で、できるだけ手短に終わるようにしています。
会話の余裕を感じられる方に対しては、少しお時間をかけて接客をし、変化をつけています。
当然、赤ちゃんをだっこされてるお客様には商品の手渡しはしないとか、お断りをしてから玄関に置かせていただいたりとか、割れ物が入ってる場合は一言添えたりとか…、
接客中でも奥から赤ちゃんの鳴き声がしたら、そこから急ぎ目に商品をお渡しする。
その瞬間瞬間で接客を変化させることは重要だと思ってます。

自分のお仕事が必要とされていると感じる時はありますか?

こういうシステムがあって助かったわ、と言っていただけるとよかったんだな〜と思います。
普段ご自分で買物をされている方でも体調が悪くて外出できない時もあると思うんです。
それをキッカケに頼んでみようという方もいらっしゃると思うので、そんなときに必要性を感じます。
サービスによって使われる方の層に違いがあるのですが、来店宅配(お店でお買物した商品をお届けするサービス)は年配のお客様が多いです。ネットスーパーは子育て世代の方が多いです。
年配の方は足腰の問題、子育て世代の方は小さい子を連れてお買物に出るのは大変というのもあると思います。

エリア管理者としての業務を教えて下さい。

エリア管理者として、仲間のシフトを管理したり、接客の指導をしています。
時には後輩の悩み相談にも乗るようにしてまして、なかなかエリア全員の人とゆっくり時間がとれないんで、顔を合わせた時しかできないんですが…。
日々の件数を見て多いようであれば、声をかけてあげるとか、できるだけケアをするようにしています。

喜びややりがいを感じるときはどんなときですか?

最初は無言だったお客様のほうから声かけていただけるようになった時はうれしかったですね。
小さいお子さんが覚えてくれてなついてくれた時とか。
「マルエツのおじちゃんきたよ~!」とか言ってもらえると、うれしいです。

これからの目標を教えて下さい。

やっぱりまだまだ広げられると思うんですね。エリアを。
まだ神奈川あたりだと、網羅できてない場所もあると思います。
店舗数が増えることでまだ配達地域になってないところも対応できるようになってくるはずです。
そのためには、人材の育成もそうですし、店舗様・お客様からの信用、信頼も必要ですよね。
いま川崎市で私たちがネットスーパーさせていただいてるのは宮内二丁目店だけなんですよ。
川崎には他にも店舗があるので、このお店で成功事例を作って広がっていくといいと思います。
川崎は地元ですので、思い入れもあります。
今、店舗同士が離れていて、どうしても移動時間がかかってしまいます。店舗数が増えれば近隣店舗同士でフォローしあうこともできるようになります。

新しく入ってくるスタッフに対してメッセージはありますか?

とりあえず、やってみようという気持ちが大事だと思うんですよね。
あと、何か一つでいいので、仕事の中で楽しめる部分を見つけてもらう。
配達するのが楽しいとか、接客が楽しいとか…。
今まで時間内で6件までしかお届けできなかったのが、7件できるようになったとか、自分なりの達成感をつくることもいいですね。
もちろん、イヤだなって部分もあるとは思うんですけど、ひとつでも楽しみが見つけられるとそこは補えると思います。
最初はみなさん不安なことのほうが多いと思うんですけど、その不安だったものが続けていくうちに楽しみに変わっていけば長く続けられると思うんです。
まずは気楽にはじめていただければ。女性も活躍してますし、力仕事があれば男の人がフォローできる部分はしますので、大丈夫です!